オリーブオイルには70~80%のオレイン酸が含まれていますが、この成分こそコレステロールを減少する効果があって、ダイエットに向いている食用油といえます。

如何に、日々の食材にオレイン酸を取り入れるかがスリムな身体作りへの近道というわけです。特に、コレステロールが多い食材は卵、バター、チーズ他。この様な食材を使うレシピにオリーブオイルを積極的に使いましょう。

オレイン酸は、コレステロールの増加を抑えるだけじゃなく、善玉コレステロールを温存させるという働きもあり、動脈硬化を抑えたり体内の中性脂肪が蓄積されにくくする効果もあります。

この事から中性脂肪による体重の増加をオリーブオイルで抑制し、ダイエット効果を得られるというわけです。

たくさん種類がある食用油のなかでも、オリーブオイルは満腹感を高めるので、過食の心配をされている方は少し多めに摂取して食べ過ぎないように対策することができます。

おすすめの種類

オリーブオイルといってもたくさんの種類がありますが、もっとも料理に適しているのがエキストラバージンオイルです。

サラダはもちろんですが、マリネやスプーン1杯をそのまま飲んでも十分効果はあるでしょう。これだけでも身体の錆を抑える抗酸化作用があるのでおすすめです。

どうでしたか?オリーブオイルは取り入れるだけでダイエット効果があるので普段の食生活にぜひぜひ積極的に摂取してくださいね。

私もオリーブオイルを日々の食事で摂りますが動脈硬化を抑える効果があるからかカサカサ肌や、便秘だったのもだいぶん改善されてきました。

自然食なので安心ですしだんだん慣れてくると、オイルの種類によって味が違うので楽しくなってきています。