ダイエットをしていても、お腹よりも二の腕よりもウエストよりも落ちにくいのが太ももと言われています。

下半身が気になるからと言って、ウォーキングやランニングをするものの中々結果が出ないのでやめてしまう人が多く、続かないでストレスになってしまって逆に太ってしまうケースが多いのです。

脂肪がつきすぎた太ももは、やがてセルライトになるので落ちにくく、海やお風呂や露出が多くなってくる真夏などは得に、あのボコボコになった肌が気になってくることでしょう。

カロリーカットが最も重要!

消費カロリーよりも摂取カロリーが上回ってしまうと絶対に脂肪は減りません。どんどん太っていくだけになってしまいます。

食事制限

食事の量を減らすか運動量を多くしなければいけません。もちろん一番良いのは並行してやることです。

食べ過ぎやホルモン分泌の低下など太る要因はたくさんある中で、太もものセルライトを落とすのに苦戦している人の多くが炭水化物の過剰摂取しているのが殆どです。

食べ方に気を付けましょう

いきなり炭水化物を抑えるのは逆にストレスにもなりかねません。ですから初めは食べる順番を考えれば大丈夫です!

殆どの過程では、白米、みそ汁、お野菜、前菜、メインのおかずがテーブルに並んでいるかと思いますが、初めに前菜、野菜、みそ汁にしてしまえばブドウ糖の吸収を抑えることができるので皮下脂肪が生成されにくくなると言わけです。

テーブルに並んだ食事

ですからご飯を減らす子のも重要ですが「食べ方を工夫」すれば必ず太もものセルライトは落ちて行くというわけです。